カテゴリー「コラム」の記事

東京都「契約社員に関する実態調査」結果について

東京都では、非正規労働者の実態を把握するため、定期的にパートタイマー・派遣労働者・契約社員に関する調査を行っています。

今回、契約社員に関する調査結果が発表されました。

(この調査での契約社員の定義:一日の所定労働時間及び一週の所定労働日数が正社員とほぼ同じで、期間の定めのある契約に基づき直接雇用されている者)

調査結果のポイント

●約5割の事業所で契約社員を導入

  • 契約社員を導入している事業所の割合は46.6%となっている。
  • 契約社員を活用している理由としては、「専門的・技術的な業務に対応するため」が52.7%と過半数を占めて最も多い。

●契約社員用の就業規則がある事業所は6割以上

  •  契約社員に適用する就業規則について、「契約社員用の就業規則を適用する」の割合が前回(平成19年度)調査と比べて18.0ポイント増加し、64.1%となっている。

●契約社員の約6割は待遇などに正社員との格差を感じている

  • 契約社員の58.6%が待遇などに正社員との格差を感じており、そのうちの68.6%はその格差を合理的ではないと思っている。特に不合理な点としては、「賃金・賞与」の割合が最も多く、「退職金」、「雇用の安定性」の順となっている。
  • 正社員との仕事の責任の比較について、「正社員より軽い」の割合は事業所が47.6%と約半数を占めている。一方、契約社員は23.3%となっており、契約社員全体の4分の1以下となっている。

●他社で契約社員として働いたことがある者の約3割が雇止めの経験がある

  • 他社で契約社員として働いた経験がある契約社員のうち、雇止めを通告されたことがある契約社員は28.6%となっている。
  • 雇止めを行ったことがある事業所に雇止めの理由を聞いたところ、「労働者の能力不足」が50.0%で最も多い。

●雇止め法理(※)の条文化を期待する契約社員の割合は4割を超えている

(※)雇止め法理:契約更新を何度も繰り返し、期間の定めのない契約と実質的に異ならない等の場合は、解雇に関する規制が類推適用される。

  • 「条文化すべき」の割合は、事業所では21.8%、契約社員では42.0%となっている。

正社員との仕事の責任の比較結果は興味深いものです。

約半数の会社が、契約社員は正社員より責任が軽いと考えていますが、契約社員は約2割しか正社員より責任が軽いと考えていないとのことです。

このギャップは、会社の人事労務担当者は認識しておくべき事項でしょう。

契約社員等の有期雇用契約者は、会社が思っている以上に不満を溜めている可能性があります。

その不満が労務トラブルに発展したり、トラブルまでには至らなくても、職場のモチベーション低下をもたらしたりするでしょう。

契約社員や派遣社員など、現在の職場は様々な雇用形態の従業員が混在するので、マネジメントは従来より難しくなっています。

立場や価値観が違う人達をまとめていくのは簡単なことではありませんが、このような職場が当たりまえとなった現在、会社の成長のためにも、様々な立場の従業員をとりまとめて、職場のモチベーションを上げていくマネジメントは必須です。

現在の難しいマネジメントができる管理職を育成できるか否か、それが今後の企業成長のカギとなるでしょう。

さかば人事労務事務所ホームページはこちら

|

北東北の自殺率②

北東北(秋田、岩手、青森)の自殺率の高さの要因として、1.「寒い」「日照量不足」「降雪量の多さ」という気候的要因が、基礎的要因であると考えられています。(前回の記事参照

しかし、気候的要因だけでは、より厳しい気候である北海道より自殺率が高いことの説明ができません。

秋田大学の本橋豊教授によると、いくつかの要因が複合的に影響していると分析していますが、気候的要因の他に、次のような要因が考えられます。

2.地域的要因

北東北の自殺死亡率は、都市部より過疎化と高齢化が進んでいる農村部で高くなっており、高齢者の自殺が多いという特徴があります。

東北は米どころ、酒どころであり、アルコール依存症の多さなども考えられます。

3.家族的要因

多世代同居における家族関係の不調、高齢世帯が多く、相談できる相手もおらず孤独化しやすい、などが考えられます。

4.個人特性要因

東北の人はよく「我慢強い」と言われます。
しかし、それは悩みがあっても口に出せず、溜めこんでしまうことを意味します。
そのような個人的な気質、ストレス対処方法の問題が考えられます。

5.社会的要因

社会的支援の不足、医療資源の不足、地域の人間関係などが考えられます。

農村では異質な人間は「村八分」になることもありますが、村八分になることを恐れ、言いたいことも言えず、ストレスを溜めこんでしまうこともあると思います。
実際に村八分になり、孤独化して自殺に追い込まれることもあるかもしれません。

また、農村部にあるような、つながりが強すぎる人間関係は、お互い妬みや見栄を張るような関係になってしまうことがあります。

自分の弱みを見せまいとし、その結果ストレスを溜めこんでしまうことが考えられます。

ストレス、悩みを抱えても、適切な社会的支援、医療資源があれば救えることも多いですが、そのような支援体制が不足している、不足していないとしても、周知されていない、気軽に相談できる体制になっていないことが考えられます。

6.経済的要因

専業農家ですと、公的年金は基礎年金のみです。

体が動くうちは農業の収入もあるでしょうが、冬に農業ができない東北ではハンディがあります。
体が動かなくなれば、生活できるだけの収入が無くなることを意味します。

副業をするにしても、東北の農村部にはほとんど仕事がありません。

以上のような要因が複合的に影響して、北東北の自殺率を高めていると考えられています。

北東北ではこのような状況を改善すべく、10年ほど前から様々な自殺予防対策がなされており、自殺者数も減る傾向にありますが、自殺率ワースト上位から脱却するまでには至っていません。

気になるのが、これから寒さが厳しくなる東北の被災地です。

東北地方は上記のように自殺率を高める要因が揃っていますので、さらに震災の心労が加わるとなると、自殺死亡者が大幅に増加することが懸念されます。

最近では震災の報道も少なくなり、現地の実情があまり伝わってきませんが、やはり自殺者が増えているという報道もあります。

「頑張ろう!・・・」という掛け声が目立ちますが、震災から9ヶ月経過した現在では少々違和感があります。

頑張れる人は言わなくても頑張るし、うつ状態の人に「頑張れ!」はご法度です。

「頑張りたいけど、頑張れない人」への支援をどうするのか、対策は待ったなしです。

|

北東北の自殺率①

平成22年の人口動態統計月報年計(概数)によると、人口10万人当たりの自殺率が高い都道府県は、1位秋田県、2位岩手県、3位青森県となっており、秋田県は16年連続ワースト1という不名誉な記録を更新しています。

なぜ北東北ばかり・・・

という疑問が当然湧いてくるのではないでしょうか。

様々な要因が考えられますが、秋田大学の本橋豊教授によると、いくつかの要因が複合的に影響していると分析しています。

1.気候的要因

北東北を想像すると、多くの人が「寒い」というイメージを持つのではないでしょうか。

本橋教授は、気候学的要因(寒さ,日照量不足,降雪量の多さ)は、北東北地域の自殺死亡数を底上げしている基礎的要因として重要であると述べています。

日照量不足はメラトニン分泌を変化させ,うつ的な気分を助長させると考えられています。

(冬は、夜に分泌されて睡眠を促進する「メラトニン」の過剰分泌が生じやすく、また、昼間に分泌される、精神を安定さたり、「満足」という感覚を与える働きをする「セロトニン」の不足が生じやすく、その結果うつ病になる「冬期うつ病」という症状があります。)

また降雪量の多さは冬季間の外出頻度を低下させ、社会的活動を低下させます。

寒さや日照不足により、うつ的な気分になるということは、実感できるのではないでしょうか。

今の時季、東京だと午後4時半には暗くなりますが、日が長い時季に比べると、何か物寂しい感じになるものです。

北東北の冬の厳しさ、物寂しさ、人の気質はこの名曲の歌詞に象徴されていると思います。

                津軽海峡冬景色 

作詞 阿久悠、作曲 三木たかし

 上野発の夜行列車おりた時から 青森駅は雪の中

 北へ帰る人の群れは誰も無口で 海鳴りだけをきいている

 私もひとり 連絡船に乗り こごえそうな鴎見つめ泣いていました

 ああ 津軽海峡・冬景色

 ・・・・・

名曲ですが、とても悲しい曲です。

冬の津軽海峡が舞台だからこそ、聴く人の心に響く曲なのであり、「関門海峡冬景色」や「鳴門海峡冬景色」という題だったら、絶対成立しない曲でしょう。

歌謡曲や演歌、また小説などでは、心に傷を負った人間や犯罪者は、なぜか北へ向かうことが多いですね。

やはり、「寒い」「日照量不足」「降雪量の多さ」という気候的要因は、人の心に対してマイナスに働くものであり、またマイナスの心を持った人を呼び寄せるのではと思います。

でも次の疑問が生じます。

「北海道は北東北より寒いじゃないか!」

北東北の自殺率の高さは気候的要因だけではなさそうです。

その話は次回に。

|

派遣法違反の是正後に9割超の労働者の雇用が維持されているそうですが・・・

派遣労働に対する批判が大きくなっていることから、労働局は派遣元、派遣先に対しての取り締まりを強化しています。

その結果として、「労働者派遣法に基づく是正指導後の労働者の雇用状況」が厚労省から発表されました。

それによると、9割を超す労働者が解雇などの問題が起きることなく雇用維持されているそうです。

この数字だけ見ると、素晴らしい成果で、やっぱり派遣はケシカラン、厳しく取り締まれということになりそうですが、本当にそうなのでしょうか?

この調査の対象は、「派遣受入期間制限違反」および「偽装請負」のうち平成21年度に是正が完了したもの、また「専門26 業務派遣適正化プラン」に基づき平成22年3月から4月に指導したものです。

「派遣受入期間制限違反」で派遣先に直接雇用されたのは 6375人 (65.9%)、「専門26 業務派遣適正化プラン」では、175人( 21.2%)となっています。
(詳しくはこちら を参照ください。)

ただ、そのうち期限の定めのない雇用になったのは、、「派遣受入期間制限違反」で28人、、「専門26 業務派遣適正化プラン」では10人にすぎません。

つまり直接雇用になったほとんどの派遣労働者は有期契約労働者になっただけで、実体としてはその不安定な立場は変わっていないということです。

むしろ、直接雇用になったほうが弊害が大きいのではないでしょうか?

派遣と違い、今度はあらゆる仕事をしなくてはならないでしょうし、現在のような経済状況では契約期間満了時に雇い止めになる可能性も大きいでしょう。
派遣社員ならば、その際に別の派遣先を紹介してくれる可能性もありますが、雇い止めですと、今度は自分で再就職先を探さなくてはなりません。

また、直接雇用後の労働条件までは調べていないでようですが、派遣の際より時給などの労働条件が下がった労働者も多いのではないでしょうか。

何が言いたいかというと、「派遣はケシカラン、厳しく取り締まれ」と言うのはいいのですが、果たしてそれが派遣労働者にとっても良いことなのか、ということです。

もちろん、現在の派遣労働が様々な問題を抱えていることは事実ですし、違法派遣をしっかり取り締まるのは当然のことですが、ただ厳しくするだけでは、会社にとっても、労働者にとっても不利益になるような気がしてなりません。

派遣労働の見直しは、様々な視点から検討する必要があるのではないでしょうか。

それと・・・

この発表ですが、世間の役人批判に対応するために、「私たちはちゃんと取り締まってますよ。そして成果も出ていますよ。」というアピールにしか見えないのは私だけでしょうか(笑)

確かに9割超が雇用維持されていることは事実ですが、上記で述べたように、それが皆にとって良い事なのかは別問題です。

また、是正対象となった企業はどのような企業なのでしょうか。

大手企業が是正指導を受ければ、いろいろ批判を受けたくないので、それなりの是正をするでしょう。
その様な企業ばかりが調査対象になっているのなら、9割超の労働者が雇用維持されていても当然と言えるかもしれません。

データの数字は調査対象の違いで大きく変わるので、より詳細なデータも公表して欲しいものです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

平成21年労使コミュニケーション調査

この調査は、労使間の意思の疎通を図るためにとられている方法、その運用状況等、事業所側の意識及び労働者の意識等の実態を明らかにすることを目的とする調査で、平成21年の調査結果が公表されました。

事業所調査と労働者調査があるのですが、まず事業所調査からみてみましょう。
労使コミュニケーションの現状についての評価をみると、「非常に良い」と「やや良い」を合わせた『良好』とする事業所割合は66.7%とのことです。
(事業所調査の詳細はこちら

次に労働者調査を見ると、「非常に良い」と「やや良い」を合わせた『良好』とする労働者割合は48.8%とのことです。
(労働者調査の詳細はこちら

あれっ?!

お気づきかと思いますが、会社と労働者とでは、かなり意識にズレがあります。

つまり、会社が思っているほど、社員はコミュンケーションが良好だと思っていないということです。

こんな例が分かりやすいでしょうか・・・

管理職「部下とコミュニケーションをしなくては・・・ やっぱり腹を割って話すには飲みニケーションが一番だな。よし、今晩飲みに行くぞ!」

部下「えっ、今日はちょっと予定が・・・」

管理職「なんだ、俺の酒が飲めないというのか!」

部下「わかりました・・・」

(居酒屋にて)

管理職「とにかく、今の若いモンは仕事がわかっていない!俺が若い頃はな・・・(以下永遠に続く説教&自慢話)」

部下 「なるほど!勉強になります!」(この前と同じ話じゃねーか。あー早く帰りたいな・・・)

管理職「いやー、今日は部下と腹を割って話ができた!やっぱり我が社の労使コミュニケーションは良好だね!!」

部下「・・・・」

まあ、この例は極端だと思いますが、要するにこんなことでしょう。(笑)

「コミュニケーション」を辞書で調べてみると、次のように説明しています。

「社会生活を営む人間が互いに意思や感情、思考を伝達し合うこと。言語・文字・身振りなどを媒介として行われる」

相手の気持ちを考えない一方的なコミュニケーションになっていないでしょうか。

とは言え、お互いに完璧なコミュニケーションを図ることは、なかなか難しくもあります。
特に会社組織の中だと、どうしても本音と建前がありますからね・・・

本当に良好なコミュニケーションとは?ということを、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

さかば人事労務事務所ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)