« アルバイトの時給が過去最高に | トップページ

労働安全衛生法の改正(働き方改革)

 厚生労働省の「労働者の心身の状態に関する情報の取扱いの在り方に関する検討会」では、4月下旬から事業場内における健康情報の取扱いルールに関する議論を行い、7月下旬に指針案を公表しまいした。

 指針案では労働者安全衛生法第104条として「心身の状態に関する情報の取扱い」という規定が新設され、企業に従業員の健康情報取扱規程の策定が義務付けられることになります。
(平成31年4月1日施行予定)

指針案では具体的な対応についてはまだよくわかりませんが、今後取扱規程のひな形や事例集などが公表される見込みですので、今後の情報にはご留意ください。

指針案はこちら(厚労省のHP)


|

« アルバイトの時給が過去最高に | トップページ

労働安全衛生法」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563662/67065899

この記事へのトラックバック一覧です: 労働安全衛生法の改正(働き方改革):

« アルバイトの時給が過去最高に | トップページ