« 最低賃金が引き上げられます | トップページ | 厚労省が労働条件を学べるアプリを公開 »

年金受給開始年齢・70歳超も選択可能に

政府が政府が「高齢社会対策大綱案」を示し、公的年金の70歳超での受給開始を選べるよう制度改正を検討することがわかりました。

年金財政の安定化を図る狙いで、今後、具体的な制度設計を進め、2020年中の法改正を目指す考えです。

 大綱案では、「65歳以上を一律に高齢者と見る一般的な傾向が現実的なものではなくなりつつあることを踏まえ、年齢区分による画一化を見直す必要がある」と指摘しています。

 具体的には、年金の受給開始年齢を65歳を原則として60~70歳の間で選択できる現在の制度を、70歳超でも選択できるように提言しています。

 現行制度では、年金の受給開始を65歳より繰り下げると、1か月ごとに0・7%ずつ毎月の受給額が上乗せされる仕組みとなっていますが、70歳超での受給を選べるようにした場合は、上乗せをさらに増額する方向で検討するとのことです。

70歳超でも選択できるという制度なので、70歳以上でも元気に働いている人も増えているなかでは、現実的な案かと思います。

ただ、「65歳から年金が貰えなくなる」という誤解も出そうなので、丁寧な説明が求められますね。

|

« 最低賃金が引き上げられます | トップページ | 厚労省が労働条件を学べるアプリを公開 »

法改正情報」カテゴリの記事