« 社会保険未加入企業、加入指導強化へ | トップページ | 雇用保険料率が引き下げられます! »

改正雇用保険法が成立

3月29日に改正雇用保険法が参院本会議で可決・成立しました。

主な改正点は以下の通りです。

●雇用保険料率の引下げ

失業等給付の雇用保険料率(1.0%)は、4月から0.8%に引き下げられます。(一般の事業)

なお、給与から控除する雇用保険料率は折半なので0.5%から0.4%となります。

●介護休業の改正

○介護休業(最長93日)の取得回数を現在の原則1回から最大3回に

○介護休業給付の給付率を賃金の40%から67%に(8月1日施行)

●65歳以降に新たに雇用される者を雇用保険の適用対象に(平成29年1月1日施行)

●再就職手当の給付率引き上げ(平成29年1月1日施行)

結構大きな改正になるので、今後の実務にはご注意ください。

それにしても、雇用保険料率の引下げは4月から施行なのに、可決・成立するのはギリギリですね。
最近はこのような施行日ギリギリで可決するような法案が多いような気がします・・・

|

« 社会保険未加入企業、加入指導強化へ | トップページ | 雇用保険料率が引き下げられます! »

法改正情報」カテゴリの記事