« 10月から最低賃金が引き上げられます | トップページ | 自転車通勤のトラブル・リスク »

育児休業給付、賃金の3分の2に増額へ

厚生労働省は、育児休業を取得した間の所得を補う「育児休業給付」を、育休前の賃金の5割を補償しているのを、育休の当初半年間に限り、育休前の賃金の3分の2(67%)に引き上げる方針を固めました。

 子育て世代への経済支援を強化し、育休取得率が低い男性に積極的な取得を促すのが狙いで、2014年の通常国会に雇用保険法改正案を提出し、14年度中の実施を目指すとのことです。

共働き夫婦が交代で育休を取る場合は、最大で半年ずつ計1年間の増額が可能となります。

育児休業給付を増額したからと言って、男性の育児休業取得率が上昇するとはとても思えませんが、今後の動きには注目です。

|

« 10月から最低賃金が引き上げられます | トップページ | 自転車通勤のトラブル・リスク »

法改正情報」カテゴリの記事