« 青梅マラソンに参加 | トップページ | フルマラソンに参加 »

いわき訪問

福島・いわきに行きました。

いわきへは、上野駅から臨時のお座敷電車を利用しました。
Img_6922

上野からいわきまで約3時間ですが、飲んだり食ったりしていたらあっという間にいわきに到着です。
新幹線や飛行機の3時間は長く感じるので、不思議なものです。

いわき駅では子どもたちの太鼓の出迎えがありました。

Img_6964
「いわき・ときわ路夢街道」という観光キャンペーンをしており、その一環のようです。
お座敷電車もこのキャンペーンのために走っているのでしょう。
Img_6972
いわき駅からバスで小名浜に向かいます。
小名浜港の一角は公園として整備されていて、とても綺麗な所です。
Img_7000

小名浜港も震災と津波で大きな被害を受けたそうですが、現在はその痕跡はほとんどありません。
ただ、港近くの自動車工場の建物には、このような表記がありました。
Img_6978
港の公園には水族館「アクアマリン福島」と観光物産施設「いわき・ら・ら・ミュウ」があります。
Img_6996
Img_7008
ららミュウでは、「いわき東日本大震災展」を開催していました。
正直なところ、震災も原発も最近は関心が薄れていました。
このような展示で当時の映像や資料などを見ていると、2年前の記憶が瞬時に蘇り、重い気分になることも事実です。
Img_7017

Img_6897
でも、やはり忘れてはいけない記憶です。
時間が経つにつれて忘れるのは、脳の機能上、致し方ない面があるかもしれません。
まして実際に被災していなければ、なおさらでしょう。

常に震災や被災地について考えるということは無理であっても、時には震災や被災地について真剣に考えるようにしたいものです。

2年前には過剰なほどに敏感になっていた放射線量も、東京では気にもしなくなりましたが、当たり前ですが、福島では現在も大変な問題です。
ただ、表に記載されている通り、小名浜はほぼ正常値と言える数値のようです。
Img_7015

ららミュウで昼食とお土産を見て、バスで湯本温泉に向かいます。

いわき湯本温泉では、日帰り温泉の「さはこの湯」に入浴しました。
Img_7022
硫黄臭が少しする温泉で、身も心もリフレッシュ。
時間があればハワイアンズに行きたかったのですが、それは次回以降とします。

湯本駅では、このような駅長や関係者の見送りもありました。

Img_7031
ここまでする観光イベントはあまり記憶にありませんが、減少した観光客を呼び戻そうとかなり努力をしているのでしょう。
ただ残念ながら、お座敷電車は空席も目立ちましたし、温泉街も閑散としていました・・・

震災から2年経ちましたが、福島の観光地の前途はまだまだ厳しいものだと、改めて実感した旅行でした。

|

« 青梅マラソンに参加 | トップページ | フルマラソンに参加 »

日記」カテゴリの記事