« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

外国人雇用(在留資格について・マンガ労務相談19)

GaikokujindaiGaikokujinGaikokujin2Gaikokujin3Gaikokujin4 登場人物はこちら

 日本に在留する外国人は、入国の際に与えられた在留資格の範囲内で、定められた在留期間に限り、在留活動(就労等)が認められています。
⇒在留資格一覧表はこちら(入国管理局HP)

 外国人を雇用する場合、就労させようとする仕事の内容が在留資格の範囲内であるか、在留期間を過ぎてないかを確認する必要があります。

 在留資格および在留期間は、旅券(パスポート)、在留カード、外国人登録証明書等で確認します。

 正規の在留資格を持っている外国人であっても、許可を受けずに、与えられた在留資格以外の仕事をすると不法就労となります。

不法就労と知りながら、不法就労の外国人を雇用した場合、雇用主は「不法就労助長罪」に問われます。
(3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金)
 不法就労であることを知らないで雇用した場合には処罰されることはありませんが、不法就労であるとはっきり認識していなくても、状況からみてその可能性があるにもかかわらず、確認をせずにあえて雇用するような場合には処罰されることがあります。

|

2013年度の雇用保険料率は1.0%で据置き

労働政策審議会の雇用保険部会は、2013年度の雇用保険料率について、現在と同じ1.0とすることで合意しました。(一般の事業)

労働者と使用者がそれぞれ賃金総額の0.5%分ずつを負担することになります。

なお、会社負担分は上記の保険料の他、雇用保険2事業分0.35%の保険料が加算されます。(2事業分保険料も据置き)

今後、労働政策審議会の審議を経て、厚生労働大臣が告示することになりますので、今後の情報にご注意ください。

|

神宮外苑の銀杏並木

___2


1

神宮外苑の銀杏並木はかなり散ってしまいました。 でも、散った銀杏の葉が黄色い絨毯のようで、とても綺麗です。

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »