« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

有期労働契約の在り方についての報告書(労働政策審議会)

厚生労働省の労働政策審議会労働条件分科会は26日、パートや契約社員など働く期間が決まった「有期契約労働者」の在り方についての報告書をまとめました。

同じ職場で5年を超えて働いた場合、期間を限定しない「無期雇用」に転換できる制度の導入を求めることなどが記載されています。

報告書の詳細を見てみましょう。

 ●有期労働契約の長期にわたる反復・継続への対応

 有期契約労働者の雇用の安定や有期労働契約の濫用的利用の抑制のため、有期労働契約が、同一の労働者と使用者との間で5年(以下「利用可能期間」という。)を超えて反復更新された場合には、労働者の申し出により、期間の定めのない労働契約に転換させる仕組み(転換に際し、期間の定めを除く労働条件は、別段の定めのない限り従前と同一とする。)を導入することが適当である。

 この場合、同一の労働者と使用者との間で、一定期間をおいて有期労働契約が再度締結された場合、反復更新された有期労働契約の期間において、従前の有期労働契約と通算されないこととなる期間(以下「クーリング期間」という。)を定めることとし、クーリング期間は、6月(通算の対象となる有期労働契約の期間(複数ある場合にあっては、その合計)が1年未満の場合にあっては、その2分の1に相当する期間)とすることが適当である。

 また、制度の運用にあたり、利用可能期間到達前の雇止めの抑制策の在り方については労使を含め十分に検討することが望まれる。

 さらに、制度導入後に締結又は更新された有期労働契約から、利用可能期間の算定を行うこととすることが適当である。

上記のポイントをピックアップすると、

1、労働者の申し出によること

 申し出が無い場合や、本人が希望しない場合は、有期労働契約を反復継続できるということになります。

2.期間の定めを除く労働条件は、別段の定めのない限り従前と同一とする

 「期間の定めのない契約」というと、通常は正社員を想定しますが、必ずしも正社員と同じ労働条件にする必要はないということになります。

期間の定め以外は、従前と同じ労働条件で問題ないということになります。

3.期間の通算において、「クーリング期間」がある

 例えば、1年契約を反復更新している場合、5回目の更新時には、本人の申し出があれば、期間の定めのない契約に転換することになります。

 ただし、6カ月のクーリング期間を置けば、従来の期間はリセットされ、また1から有期労働契約の期間をカウントするということになります。

 派遣労働のクーリング期間でも度々問題になっていますが、例えばクーリング期間を請負契約等にして、クーリング期間経過後に再雇用するというような、脱法的な利用についての対策はどうするのか、まだ報告書には記載されていません。

もちろん、上記の内容は報告書であり、決定事項ではありません。

この報告を受けて厚労省は、労働契約法改正案を来年の通常国会に提出する方針です。

上記の内容は大きく変わる可能性もありますが、人事労務に関しての大きな問題ですので、今後の動向には注意を払う必要があるでしょう。

|

ペンギンのイルミネーション

新宿サザンテラスのJR東日本本社前。

この時季になると毎年スイカペンギンのイルミネーションが出現します。

今年のテーマは「冬の七夕イルミネーション」だそうです。

彦星と織姫に扮したペンギンが、行き交う人々の注目を集めています。

Img_4584

なんで冬に七夕なんだ?!というツッコミはさておき、彦星と織姫が会えるのは年に一度。

無事天の川を渡れたのでしょうか(笑)

Img_4603

| | コメント (0)

北東北の自殺率②

北東北(秋田、岩手、青森)の自殺率の高さの要因として、1.「寒い」「日照量不足」「降雪量の多さ」という気候的要因が、基礎的要因であると考えられています。(前回の記事参照

しかし、気候的要因だけでは、より厳しい気候である北海道より自殺率が高いことの説明ができません。

秋田大学の本橋豊教授によると、いくつかの要因が複合的に影響していると分析していますが、気候的要因の他に、次のような要因が考えられます。

2.地域的要因

北東北の自殺死亡率は、都市部より過疎化と高齢化が進んでいる農村部で高くなっており、高齢者の自殺が多いという特徴があります。

東北は米どころ、酒どころであり、アルコール依存症の多さなども考えられます。

3.家族的要因

多世代同居における家族関係の不調、高齢世帯が多く、相談できる相手もおらず孤独化しやすい、などが考えられます。

4.個人特性要因

東北の人はよく「我慢強い」と言われます。
しかし、それは悩みがあっても口に出せず、溜めこんでしまうことを意味します。
そのような個人的な気質、ストレス対処方法の問題が考えられます。

5.社会的要因

社会的支援の不足、医療資源の不足、地域の人間関係などが考えられます。

農村では異質な人間は「村八分」になることもありますが、村八分になることを恐れ、言いたいことも言えず、ストレスを溜めこんでしまうこともあると思います。
実際に村八分になり、孤独化して自殺に追い込まれることもあるかもしれません。

また、農村部にあるような、つながりが強すぎる人間関係は、お互い妬みや見栄を張るような関係になってしまうことがあります。

自分の弱みを見せまいとし、その結果ストレスを溜めこんでしまうことが考えられます。

ストレス、悩みを抱えても、適切な社会的支援、医療資源があれば救えることも多いですが、そのような支援体制が不足している、不足していないとしても、周知されていない、気軽に相談できる体制になっていないことが考えられます。

6.経済的要因

専業農家ですと、公的年金は基礎年金のみです。

体が動くうちは農業の収入もあるでしょうが、冬に農業ができない東北ではハンディがあります。
体が動かなくなれば、生活できるだけの収入が無くなることを意味します。

副業をするにしても、東北の農村部にはほとんど仕事がありません。

以上のような要因が複合的に影響して、北東北の自殺率を高めていると考えられています。

北東北ではこのような状況を改善すべく、10年ほど前から様々な自殺予防対策がなされており、自殺者数も減る傾向にありますが、自殺率ワースト上位から脱却するまでには至っていません。

気になるのが、これから寒さが厳しくなる東北の被災地です。

東北地方は上記のように自殺率を高める要因が揃っていますので、さらに震災の心労が加わるとなると、自殺死亡者が大幅に増加することが懸念されます。

最近では震災の報道も少なくなり、現地の実情があまり伝わってきませんが、やはり自殺者が増えているという報道もあります。

「頑張ろう!・・・」という掛け声が目立ちますが、震災から9ヶ月経過した現在では少々違和感があります。

頑張れる人は言わなくても頑張るし、うつ状態の人に「頑張れ!」はご法度です。

「頑張りたいけど、頑張れない人」への支援をどうするのか、対策は待ったなしです。

|

65歳まで継続雇用義務化 厚労省方針

12月14日の朝日新聞の記事によると、厚生労働省は2013年度から、60歳以上の雇用を確保するため、65歳まで希望者全員を継続雇用するよう企業に義務づける方針を固めたとのことです。

また、不安定な雇用が問題となっている契約社員、期間従業員などの有期雇用については期間に上限を設け、契約満了の時期を決めない無期雇用への転換を促すとのことです。

いずれも14日の労働政策審議会に提案し、労使の同意を得て、来年の通常国会での法改正を目指す予定です。

 現在の高年齢者雇用安定法では、定年後の継続雇用について、労使協定で基準を決めれば対象者を限定できる規定がありますが、要するに、この限定規定が廃止されるということでしょう。

まだどうなるかわかりませんが、今後の動きを注意深く見守りましょう。

|

北東北の自殺率①

平成22年の人口動態統計月報年計(概数)によると、人口10万人当たりの自殺率が高い都道府県は、1位秋田県、2位岩手県、3位青森県となっており、秋田県は16年連続ワースト1という不名誉な記録を更新しています。

なぜ北東北ばかり・・・

という疑問が当然湧いてくるのではないでしょうか。

様々な要因が考えられますが、秋田大学の本橋豊教授によると、いくつかの要因が複合的に影響していると分析しています。

1.気候的要因

北東北を想像すると、多くの人が「寒い」というイメージを持つのではないでしょうか。

本橋教授は、気候学的要因(寒さ,日照量不足,降雪量の多さ)は、北東北地域の自殺死亡数を底上げしている基礎的要因として重要であると述べています。

日照量不足はメラトニン分泌を変化させ,うつ的な気分を助長させると考えられています。

(冬は、夜に分泌されて睡眠を促進する「メラトニン」の過剰分泌が生じやすく、また、昼間に分泌される、精神を安定さたり、「満足」という感覚を与える働きをする「セロトニン」の不足が生じやすく、その結果うつ病になる「冬期うつ病」という症状があります。)

また降雪量の多さは冬季間の外出頻度を低下させ、社会的活動を低下させます。

寒さや日照不足により、うつ的な気分になるということは、実感できるのではないでしょうか。

今の時季、東京だと午後4時半には暗くなりますが、日が長い時季に比べると、何か物寂しい感じになるものです。

北東北の冬の厳しさ、物寂しさ、人の気質はこの名曲の歌詞に象徴されていると思います。

                津軽海峡冬景色 

作詞 阿久悠、作曲 三木たかし

 上野発の夜行列車おりた時から 青森駅は雪の中

 北へ帰る人の群れは誰も無口で 海鳴りだけをきいている

 私もひとり 連絡船に乗り こごえそうな鴎見つめ泣いていました

 ああ 津軽海峡・冬景色

 ・・・・・

名曲ですが、とても悲しい曲です。

冬の津軽海峡が舞台だからこそ、聴く人の心に響く曲なのであり、「関門海峡冬景色」や「鳴門海峡冬景色」という題だったら、絶対成立しない曲でしょう。

歌謡曲や演歌、また小説などでは、心に傷を負った人間や犯罪者は、なぜか北へ向かうことが多いですね。

やはり、「寒い」「日照量不足」「降雪量の多さ」という気候的要因は、人の心に対してマイナスに働くものであり、またマイナスの心を持った人を呼び寄せるのではと思います。

でも次の疑問が生じます。

「北海道は北東北より寒いじゃないか!」

北東北の自殺率の高さは気候的要因だけではなさそうです。

その話は次回に。

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »