« 在職老齢年金 | トップページ | 台風の爪痕 »

職場でのメンタルヘルス不調者が大幅増加

 厚生労働省が「平成22年労働安全衛生基本調査」(従業員10名以上の全国8,742事業所と、その事業所に勤務する労働者11,557人が回答)の結果を発表しました。

 メンタルヘルス上の理由により連続1か月以上休業した労働者がいる事業所の割合は5.9%で、前回調査(5年前)の2.6%から大幅に増えたことがわかりました。

 退職した労働者がいる事業所の割合(新規調査項目)は2.8%となっており、いずれかがいる事業所の割合は7.3%となっています。

 また、連続1か月以上休業し、その後、職場復帰した労働者がいる事業所のうち、職場復帰に関するルールの有無については「職場のルールはなく、その都度相談している」が56.7%と最も多くなっています。

調査の詳細は下記の資料をご覧ください。

平成22年労働安全衛生基本調査 結果の概要

 先が見えない厳しい時代です。
企業は生き残るために、社員に対して厳しい要求をせざるを得ない場合もあります。
残念ながら、今後もメンタル不調者は増えると思われます。

 しかし、厳しい時代だから仕方ないとその状況を放置していたら、組織全体の元気が無くなり、結局は業績悪化に繋がるでしょう。

 メンタルヘルス対策は難しい問題でもありますが、企業が厳しい時代を生き残るためには、避けては通れない問題です。

さかば人事労務事務所ホームページはこちら

|

« 在職老齢年金 | トップページ | 台風の爪痕 »

労働安全衛生法」カテゴリの記事