トップページ | 18歳未満の年少者(高校生等)を使用する際の注意点 »

労働基準法111条・無料証明

今回は労働基準法です。

労働基準法第111条に「無料証明」という条文があります。
あまり目にすることのない条文だと思いますが、その内容は以下の通りです。

「労働者及び労働者になろうとする者は、その戸籍に関して戸籍事務を掌る者又はその代理者に対して、無料で証明を請求することができる。使用者が、労働者及び労働者になろうとする者の戸籍に関して証明を請求する場合においても同様である。」

ここで言う「戸籍に関しての証明」は、戸籍謄本や戸籍抄本は含まれません。
採用時に戸籍謄本を提出させたら人権問題になりますからね・・・

なので、ここで言う「戸籍に関しての証明」は、労働基準法で必要とする事項のみを証明した「戸籍記載事項証明書」となります。
111条に基づく請求があった際、戸籍記載事項証明書ではなく「住民票記載事項証明書」を発行する自治体もあります。

もちろん、会社で証明して欲しい事項を記載した書類を作り、自治体の窓口で戸籍の記載事項に相違がないという証明を受けることでも問題ありません。

とは言っても、本当に無料で発行して貰えるんでしょうか・・・

ちなみに横浜市港北区や、広島・府中市の「府中市住民票等の交付等に関する取扱要領」には111条のことが記載されています。
横浜市港北区HP
府中市住民票等の交付等に関する取扱要領

確かに無料で発行できる旨が書いてありますね。

でも、111条を知らない自治体もかなりあると思います。
無料で発行して貰った話なんて、正直ほとんど聞いたことありません・・・

なので、111条の無料証明を利用する際は、あらかじめ自治体窓口に確認するのが無難でしょうね。

さかば人事労務事務所HP

|

トップページ | 18歳未満の年少者(高校生等)を使用する際の注意点 »

労働基準法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563662/49201141

この記事へのトラックバック一覧です: 労働基準法111条・無料証明:

トップページ | 18歳未満の年少者(高校生等)を使用する際の注意点 »